しゅごキャラ!!!


おまもりひまり


灼眼のシャナ


みなみけ


オオカミさんと七人の仲間たち


祝福のカンパネラ


ハヤテのごとく!!


狼と香辛料


神のみぞ知るセカイ


テガミバチ


かのこん


れでぃ×ばと!


涼宮ハルヒの憂鬱


WORKING!!


デュラララ!!


聖痕のクェイサー





動画 萌え壁紙 youtube



2010年10月29日

機動警察パトレイバー アーリーデイズ [Blu-ray]

機動警察パトレイバー アーリーデイズ [Blu-ray]機動警察パトレイバー アーリーデイズ [Blu-ray]
出演:冨永みーな /古川登志夫 /二又一成 /池永通洋 /郷里大輔
バンダイビジュアル
発売日 2010-07-23




機動警察パトレイバー 6 1/2 かわら版はドコ? 2010-09-28
文句を言う前に買えと。

いえ、良いんですが、今回の物には機動警察パトレイバー 6 1/2 かわら版が収録されていません。

ここが一番のショックです。

それ以外は良いんですが、なぜ?という感じです。

購入の際はお気をつけ下さい。

機動警察パトレイバー 6 1/2 かわら版をご覧になりたい方は、

記念BOXか、

機動警察パトレイバー DVDメモリアルボックス (初回限定生産)

アーリーデイズDVDを探してください。

機動警察パトレイバー アーリーデイズ VOLUME 1. [DVD]

機動警察パトレイバー アーリーデイズ VOLUME 2. [DVD]

画質について 2010-07-24
視聴環境をプレーヤーはプレイステーション3、モニターはソニー3DブラビアKDL-46LX900(LED、4倍速環境)にて再生した上でのレビューとなります。



製作年度が88〜89年度の作品と踏まえても解像度と発色は1080Pと謳うだけのパワーを感じさせます。



35mm原版フィルムからのHDテレシネと言っても撮影時についたダストやスクラッチノイズが完全に消えた訳では無いのですが、劇場版ブルーレイ(特に1作目)のパーソナルパワーを上げただけの傷だらけ画質と違い、ある程度と言うか2メートル程度離れて観れば気にならない程にノイズをリファインし、グレインやシェイキングも殆んど目立たない画質は合格。



再生モニター側のパワーにもよるのでしょうが、HD化に伴うコマ落ち等のぎこちないモーションも無し。



「Lの悲劇」に代表される暗いシーンのパートの解像度と発色だけ観てもブルーレイ版の存在価値は絶大。



あとは製作素材に起因する色むらやラインボケ等なんでしょうが、セルアニメを捕まえて突っ込みを入れるのは酷と言うものです。



解像度が格段に上がった分、これまでのビデオ、LD、DVD等の低解像度でぼかされていた粗い作画部分がクッキリと再現されてしまい、観ている方が時々恐縮してしまうが、その点は御愛嬌と言った所。



このレベルのクオリティーで今後発売されるTV、OVAのブルーレイが鑑賞出来れば言う事無しですね。



購入の感想、色あせない笑いと悲哀。 2010-07-24
内容としてはBDケースに1枚用のBOX付き。

ブックレット付き、アキラBDと使用は似てますが

箱は厚いので始めてみる1枚BD‐BOX。

画質は綺麗なのですが色彩の濃さが軽くイラッと

しますが高画質でしょう。

巨大ロボットが日常生活に当たり前に存在する世界観

そして、この生活感・・・

何年たってもリアルを感じてしまいます。

本当に色あせないOVA作品です。



画質の評価 2010-07-23
画質の点の評価です。

古い作品ですが、発色やすっきり感はしっかりしています。

気になったのは止め絵のときの画面のブレと、取りきれなかった白いごみ?ですかね?



ごみの方は限界があるかと思いますが、妙に画面のブレが気になってしまいました。

その点で評価を-1とさせていただきます。



大人が楽しめるアニメ 2010-06-07
パトレイバー全ての始まりとなった旧OVAがBDになって新発売です。
まだパトレイバーをご覧になった事の無い方はロボットが活躍するアクション物?と思われる方が多いかもしれませんが、ロボットアクションは殆どありません(一番アクションしてるのはOP曲中かもw)。
基本一話完結でコメディーありホラーありサスペンスあり、脚本も良く練られていて何度見ても飽きずつい見入ってしまいます。
中でもこの旧OVAは人間ドラマに重点が置かれています。
特に5、6話の二課の一番長い日 前・後編はパトレイバーファンの間でもかなり人気が高く、全話中の中でも上位に入って来る凄いお話です(詳しくは書けませんが大人な話です)。

第2小隊の個性的な面々を演じる豪華声優陣、川井憲次氏の音楽も名曲揃いです。
二十年前の作品なので多少の古臭さは否めませんが、まだ見て無い、興味のある方は買って損はないかと。


さらに詳しい情報はコチラ≫


posted by 幸太郎 at 12:00| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。